ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
1 views

カルシウム

作成者:ハロママ助産師さん

●カルシウムの働き
丈夫な骨や歯を作るためにカルシウムが必要です。体内のカルシウムの内、その99%は骨や歯を作っています。残りの1%は血液、神経などに存在しており、精神を安定させる働きや、筋肉の収縮を保つはたらきなどがあります。
また、カルシウムには心臓の鼓動を規則的に保つ働きや血液を凝固させて出血を防ぐ効果、白血球の食菌作用をサポートする役割などがあります。

●カルシウムが不足すると…
妊娠中に摂取が不足しても、お母さんの体の骨に蓄積されているカルシウムから胎児に供給することになりますので、おなかの赤ちゃんの成長や、骨の形成にはほとんど影響ありませんが、お母さんの骨がすかすかになった状態になってしまう骨粗しょう症(こつそしょうしょう)をひきおこす可能性があります。
こうなるとちょっとしたつまずきなどで骨折をする程骨、骨がもろくなってしまうのです。
またカルシウムが極端に不足すると、低カルシウム血症を引き起こし、神経や筋肉のけいれんが起こることがあります。


●カルシウムを含む食品
・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等)
・大豆製品(豆腐、納豆等)
・魚介類(サクラエビ、シシャモ、ワカサギ等)
・野菜(かぶ葉、こまつな、みずな等)
・海藻類(こんぶ、ひじき等)
・種実類(ごま等)
カルシウムの骨への沈着や、腸での吸収を高めるためには、ビタミンD(鮭、かつを、わかさぎ、しいたけ、牛乳などに含まれる)が必要です。また強い骨を形成するには、マグネシウムとのバランスが重要になります。つまり、カルシウムは単独でとるよりも、ビタミンDやマグネシウムとあわせてとることで、効率よく体内に取り込むことが出来ます。
カルシウムが含まれる食品の中でも、牛乳は比較的吸収率が高く、たんぱく質やビタミンA・B2といった、カルシウムの効果を高める栄養素も同時にとることが出来ます。同様に、ヨーグルトやチーズなどの乳製品もおすすめです。骨ごと食べられる小魚や、納豆などの大豆製品も、ビタミンDやマグネシウム(海草類、ごま、豆類など)、クエン酸(酢やレモン)などを含む食品と組みあわせることで、カルシウムの吸収がよくなります。

関連記事一覧