ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

選択肢がたくさん!色々な出産方法

作成者:ハロママ助産師さん
出産と聞いてどんな場面を思い浮かべるでしょうか。最近ではドラマのワンシーンでもリアルに近い、臨場感あふれる出産の場面が描かれているものもあります。現代日本の一般的な出産のイメージといえば、分娩台の上での出産ではないかと思います。しかし、実は出産の方法はいろいろあり、施設によって選べるものとそうでないものがあります。どんなものがあるのか、いくつか紹介していこうと思います。

●フリースタイル分娩

分娩台上で仰向けの姿勢を取ることにこだわらず、お母さんが好きな姿勢、楽な姿勢で行う出産です。具体的には、四つん這いや横向きに寝転がった姿勢、立ってパートナーや壁に寄り掛かった姿勢など、本当に様々なスタイルでの出産になります。出産の姿勢なんてどんな姿勢がいいか分からない、という方も安心してください。陣痛が始まってから、助産師と話し合いながら過ごしやすい姿勢や、いきむ力を入れやすい姿勢を探しながら自由に姿勢を変えていくことができます。

●無痛(麻酔)分娩

麻酔を使って陣痛の痛みを取る出産です。一般的には背中からカテーテル(細い管)を入れて麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」を使用します。お母さんの意識ははっきりしており、腰から下に麻酔をかけた状態で出産します。赤ちゃんに会うのは楽しみだけど、陣痛に耐えることができるか不安、と思う方は多いと思います。麻酔を使用することで、陣痛が弱くなってしまい、吸引分娩や鉗子分娩といって赤ちゃんを引っ張りだす処置が必要になることや、帝王切開が必要になる可能性が、通常の出産に比べて高くなるというデメリットもありますが、出産に伴う痛みへの不安を取り除くことができるのは、大きなメリットになるのではないでしょうか。無痛分娩を取り扱っている施設には、いつ陣痛が始まっても無痛分娩が行えるところ、基本的に陣痛促進剤を使用した計画分娩を行うところ、麻酔科医が確保できる時間(平日の日中のみなど病院による)のみ無痛分娩が行えるところ、など条件が微妙に変わってくることもあるので事前にしっかり確認するとよいでしょう。

●自宅出産

自宅に助産師を呼んで行う出産です。一昔前のいわゆる産婆さんが出産を行っていた時代には、一般的な方法でした。今では病院やクリニックなど、施設での出産が大半を占めますが、現在でも自宅出産を取り扱う助産院もあります。日常生活の中で、医療に頼るのではなく、自然に近いお産を望む人に支持されています。

●ソフロロジー法

陣痛を呼吸法やリラックス法で乗り越える、いきまず静かに出産する方法です。ソフロロジーとは、ヨーロッパ発症の精神の安定と調和を得るための学問のことです。その理念を産婦人科領域に取り入れ、ソフロロジー式の分娩方法が生まれました。妊娠中からソフロロジー専用のテープを聞きながら不安を取り除くイメージトレーニングをしたり、ヨガや瞑想を行い、体の力を抜き、リラックスできるよう準備を進めていきます。出産のときには、乱れず、落ち着いてお産ができるよう自己コントロールします。

●水中出産

陣痛緩和のため、温水を利用する出産方法です。お風呂に入るとリラックスできるようしに、温水には体や心をリラックスさせる効果があります。また、温水の中で自由に姿勢を変えることで、よりリラックスして出産できるといわれています。もちろん、水中で出産することが赤ちゃんに危険を与えることはないといわれています。日本では水中出産用の施設があるところは少ないですが、助産院やクリニックには水中出産を取り扱っているところがあります。

いろいろな出産方法を紹介しました。どんな出産をしたいか考えたり、自分が出産する地域にはどんな出産方法が選択できるのか調べたりすることは、きっと楽しい時間になると思います。出産は、赤ちゃんと家族が出会う大切な場面です。振り返った時、素敵な思い出となるような出産ができるよう、祈っています。

あわせてよく見る

関連記事一覧

)