ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
3 views

立ち合い出産の実際

作成者:ハロママ助産師さん
現在は、パートナーが出産の場に立ち会う、「立ち合い出産」という言葉も広く知られるようになり、パートナー同士がお互いのことを思いあうのなら当たり前のこと、といった印象を持っている人も少なくありません。もちろん、立ち合い出産によいところがたくさんあるのは事実です。しかし一方で、その後の性生活に影響を及ぼす可能性など、心配される面もあります。お互いが納得した選択ができるよう、立ち合い出産について少し詳しく紹介していきたいと思います。

立ち合い出産のメリットとしてまず挙げられるのが、妊娠や出産を実感することのできない男性が、父性を獲得するのを助ける効果が期待されることや、出産という人生の一大イベントをパートナーと乗り越えることで絆が深まることなどが考えられます。出産という命を懸けたイベントに挑むのは、不安や心細さを伴います。立ち合い出産は、お母さんが感じる不安や心細さを軽減させる効果もあります。実際、立ち合い出産を経験した男性からは、立ち合いをしてよかったという声を多く聞きます。赤ちゃんが無事生まれた後、目を潤ませて妻や赤ちゃんを見つめる姿や、男泣きするお父さんの姿にはジーンとさせられます。

しかし一方で、妻を性的対象として見ることができなくなってしまったという話をきくことや、妻の苦しんでいる姿・出血を見て気分が悪くなってしまい、座り込んでしまう姿を見ることもあります。また、出産をした女性側からも、立ち会ったパートナーに期待する対応を受けられなかったことで、悲しかった、落胆した、という話を聞くこともあります。

このような話を紹介すると、立ち合い出産を希望している人を不安にさせてしまうかもしれませんが、すべての男性や夫婦関係に共通することではありません。また、一言に立ち合い出産といっても、頭側から見た印象と股側が見える位置での印象ではずいぶん異なります。また、赤ちゃんのへその緒をパートナーが切ることができる施設もありますし、赤ちゃんの頭が出てくるところを見せようとしてくれるスタッフもいるかもしれません。それらが出産のより良い思い出になるのか、ショッキングな体験になるかは人それぞれだと思います。立ち合い出産をしたいけれど、不安なところがある、といった場合は、出産する施設のスタッフに細かく要望を伝えておくことで安心して立ち合い出産に臨むことができると思います。また、出産の瞬間に立ち会うことが難しくても、陣痛室で過ごす時間(今はLDRといって陣痛に耐える部屋と、赤ちゃんを産む部屋が一緒の場合もありますが、その場合は赤ちゃんを産むためにいきみ始める前まで)に効果的に付き添うことで、立ち合い出産をするのと同じような満足感を得られる場合もあります。

人はそれぞれ価値観も考え方も異なりますし、パートナーとの関係性も様々です。お互いが気持ちを伝えあい、納得するまで話し合うことが何よりも大切だと思います。また、病院によっては立ち合い出産ができないところや、パートナー以外にも家族や、友人の立ち合いも認めているところもあります。自分が出産を予定している施設の立ち合いに関する情報収集も忘れず行っておきましょう。

あわせてよく見る

[立会い出産]についての基礎知識

)