ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

いつする?なぜ行うの?戌の日に安産祈願について

作成者:ハロママ助産師さん
妊娠から安定期に入る頃に、家族や親戚に安産祈願について聞かれる妊婦さんも多いでしょう。古くから日本では、戌(いぬ)の日に安産祈願が行われてきました。この記事では、戌の日に安産祈願を行う理由や日程について紹介します。

■そもそも戌の日とは?
出産が軽く多産である犬は、安産の神として古くから日本人に親しまれてきました。戌の日の安産祈願は、犬にあやかって安全な出産を願って行われるようになりました。戌の日の安産祈願では「帯祝い」といって、妊婦さんに腹帯を巻いてお祈りをする儀式が行われます。帯祝いそのものは、日本古代から行われている非常に伝統のあるものです。安産祈願の腹帯を巻くのは、時代や地域によっても異なり、本人ではなく姑さんや妊婦の夫や母親が巻くことが多いようです。

■戌の日はいつ?
戌の日の「戌」は干支(えと)から来たものです。干支いうと、12年ごとに12種類の動物を順番に巡ることは多くの人が知っているでしょう。一方で、月や日付にも干支があり、こちらも12種類を順番に回ります。
妊婦さんが行う戌の日は、妊娠5か月目以降の最初の戌の日を指します。カレンダーによっては、日付の干支を確認できるものがありますが、記載されていないことがほとんどです。
最近では、その年の戌の日についてインターネットで簡単に調べることが可能です。

■安産祈願は戌の日に行わなければいけないの?
戌の日に行われる安産祈願は、安定期に入った時期に行われますが、人によっては体調が悪かったり、都合が合わないということもあるでしょう。妊娠中の安産祈願は、必ずしも戌の日に行われなければいけないというものではありません。また、祝い事やお願い事を行う日である「大安」もありますが、こちらも特にこだわる必要がないものです。
妊娠中の安産祈願をする場合は、あくまで家族の気持ちが一番大切となるので、自分や参加者の都合のよい日程で行うことが大切です。

■戌の日の安産祈願をする場所
安産祈願をするのにどこの神社にしようか迷っている妊婦さんもいるでしょう。基本的に、国内の神社であれば、どこでも安産祈願を行っているはずです。一方で、戌の日の安産祈願で人気があるのが、子宝や安産で有名な神社も人気があります。
神社によって、祈祷した腹帯を渡されたり、あらかじめ妊婦さんが腹帯を巻いた状態で祈願するなど、やり方はさまざまです。戌の日の安産祈願をする神社が決まったら、前もってやり方を確認するようにしましょう。特に、安産祈願で人気のある神社では、当日に混雑することもあるので、事前の確認するようにしましょう。

■まとめ
戌の日の安産祈願は、安産の神として親しまれている犬にあやかって行われる、伝統的な行事のひとつです。妊娠中の体調が第一なので、日程にこだわりすぎるのではなく、体調のよいときに行うようにすることがおすすめです。


あわせてよく見る

関連記事一覧