ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

妊娠中の体重管理

作成者:ハロママ助産師さん
妊娠中の気がかりといえば「体重管理」という妊婦さんも多いことでしょう。妊娠中の体は、赤ちゃんを守り育て、出産という一大イベントを乗り切るために脂肪をたくわえやすくなっているのです。

ですから妊娠中は、いつもより太りやすい状態と言えるのですが、過剰に増えすぎてしまうのは困りもの。産後に体重が戻らず、ズボンがはけなくなるかも、という悩みもですが、妊娠中の体重増加は、場合によってはママと赤ちゃんの命の危険を招いてしまうものでもあるのです。

●妊娠中の適正な体重増加とは
妊娠中、全期間を通じての体重増加の内訳は

・赤ちゃんの重さ 約3Kg
・胎盤の重さ 500g
・そのほか、ママの血液、乳房、体内の水分、必要な脂肪の増加 6kg

と、全体で9kgほどとなっています。ですので、9kg以上の体重増加は、不要な脂肪の増加とも言えるのです。

では、妊娠中は何キロまで体重が増えても良いの?と気になりますよね。

適正な体重増加量は人によって異なっています。身長に対して、適正な体重であるかを客観的に判断する指標となる、BMI値によって決められます。

BMIは以下の式によって計算されますので、まずは自分のBMI値を調べてみましょう。

BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))


BMI値が18,5~25未満が標準型体型、18,5未満がやせ型体型、25以上の場合には肥満傾向、または肥満体型とされています。

BMI値が標準である妊婦さんは7~12kg、やせ型の妊婦さんは、9~12kgの体重増加が許容範囲内です。肥満体型の妊婦さんは、個別対応となりますので、かかりつけの産院の指示に従ってくださいね。

●妊娠中の体重が増えすぎることで起こるトラブル
妊娠中の体重が増えすぎると、血糖値が高い状態が続く「妊娠糖尿病」や、高血圧状態が続き、むくみやたんぱく尿が出る「妊娠高血圧症候群」の発症リスクや、難産となる可能性が高くなるのです。

・妊娠糖尿病
妊娠糖尿病と診断されると、妊娠高血圧症候群や糖尿病の合併症である、腎臓病・網膜症(目への影響)が起こりやすくなるなど、妊娠中だけではなく、産後のママの体へも大きな影響を及ぼします。また、赤ちゃんの発育にも影響があります。

・妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
妊娠20週以降、産後12週まで高血圧が続くことを言います。また、むくみやたんぱく尿の症状も同時に現れます。

重症例となると、ママの出産時の脳出血や、けいれん発作、分娩時の出血多量によるショック症状のほか、子宮内胎児死亡や常位胎盤早期剥離など、ママにとっても赤ちゃんにとっても、危険な状態となるので注意が必要です。

・お産が進まない難産となる
妊娠中に体重が増加しすぎると、産道にも脂肪がついてしまい、赤ちゃんがなかなか下りてこれない難産へとつながります。
難産になると、ママの体力が奪われ微弱陣痛となり、お腹の赤ちゃんも危険な状態となることで、緊急帝王切開となることもあります。


●どうやって体重管理をしたらいいの?
・食べたものを記録してみる
妊娠中で家にいると、ついつい口さびしく、自分で思う以上に食べてしまっているものです。これが体重増加の大きな原因。

食事の量、おやつの量を紙に書きだしてみましょう。書きだしてみると、思った以上に食べてしまっていることに気づき、食事や間食の量を管理する意識づけにもつながります。

・体調を見ながら、家事やウォーキングで体を動かす機会をつくる
妊娠すると、体調の不安から「どこまで体を動かしていいのかな?」と不安になりますよね。安定期に入って、お腹が張らず、体調が安定していれば、日常の家事を行うことはぜんぜん構いません。ただし、高いところに手を伸ばしたり、足が安定しない場所での作業には注意しましょう。

お天気の良い日には15分程度のウォーキングも良いですよ。いつもの2倍程度の歩幅で歩くと、カロリー消費を促し、また出産で必要な筋肉のトレーニングにもなるのでおすすめです。


ワーキング妊婦さんは産休に入ると、体を動かさす機会が減ることや、気づかないうちに間食が増えることから一気に体重が増加しがちですので、気をつけましょうね。


ここでは体重が増加した場合のトラブルについてお伝えしました。しかし反対に、ママの体重が増えない場合も注意が必要です。赤ちゃんの体重が増えず、発育にも影響がでます。ママの栄養が、赤ちゃんの栄養でもあるので、妊娠中の過激なダイエットは控えましょう。



あわせてよく見る

関連記事一覧

)