ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

出産内祝いのマナー

作成者:ハロママ助産師さん
出産をすると、お祝いをたくさん頂戴しますので、「内祝い」としてお返ししますよね。しかし、内祝いの意味やマナーを知らないと、逆に失礼になってしまうこともあるのです。内祝いを贈ることは、人生でたくさんあることではありません。マナーや勝手がわからず、困ってしまうこともありますよね。この記事では、出産内祝いの意味やマナーをご紹介します。

内祝いとは
内祝いとは「身内で喜ばしいことがありましたよ」ということを、親戚やご近所、知人にお知らせすることを言います。現在では、主に出産内祝いのことを「内祝い」と呼ぶことが多いですが、本来は出産だけではなく、結婚式や病気の回復による退院、新築などの際にも「内祝い」を贈ったものでした。

お祝いをいただく・いただかないに関わらず、自主的に贈るものが内祝いです。

しかし、現在ではご近所付き合いも減ってきていますし、相手に気をつかわせたくない、大げさにしたくないということで、出産祝い以外で内祝いを贈ることは減ってきています。また、最近では、出産内祝いとは「出産祝いのお返し」との意味に変化してきています。

ここからは、出産祝いのお返し、という意味として「内祝い」という言葉を使用していきます。

内祝いはいつまでに贈るもの?
内祝いはお祝いをいただいてから1か月以内に贈りましょう。1か月を過ぎるとマナー違反となります。しかし、早すぎるのも良くありません。もらうことを期待して、あらかじめ用意していたのでは、と思わせてしまうからです。

産後は赤ちゃんのお世話で精いっぱい。1カ月以内に内祝いを選ぶ余裕はありませんよね。可能であれば、妊娠中から内祝いの目星をつけておくと良いでしょう。産後に選ぶ場合には、ママ1人でやろうとせず、パパにも協力をしてもらいましょうね。

産後はママと赤ちゃんの体調が優先です。どうしても1か月以内に贈ることができない場合には、取り急ぎお礼状、またはお礼の電話だけは先にしておきましょう。お礼状も、出産前にあらかじめ準備しておくと良いですよ。

親しい友人、親戚でしたら、メールでも大丈夫です。その際には、「産後で落ち着かないもので、取り急ぎメールでごめんなさい。」と一文を入れるとスマートです。親しき仲にも礼儀あり、ですよ。

直接届けないといけないもの?
本来であれば、お祝いのお返しですので出向いてお渡しすることがマナーです。しかし産後は体調が安定せず、お出かけが難しいことも多いでしょう。現在では、郵送でもマナー違反とはなりません。

内祝いに関しては地域や家によって事情が異なるもの。ちゃんと出向いてお返ししないといけない、と言われることがあるかもしれませんね。大変かもしれませんが、家や地域の慣習には従っておいたほうが、のちのちの為に良いでしょう。

ただし、その際でもママと赤ちゃんの体調が第一優先です。この点を、ご両親にも理解してもらえたら良いですね。

親戚への内祝いは両親と相談をして
先ほども書きましたが、内祝いに関しては家や地域によって事情が様々です。自分たちにとっての常識やマナーが、相手にはマナー違反と捉えられてしまうこともあります。特に50代、60代の方はマナーに対して、とても敏感です。

親戚への内祝いに関しては、贈る内容・金額を含めて、必ずご両親と相談をするようにしましょう。

内祝いの「のし」は?
内祝いを贈る際ののしの表書きは、「出産内祝い」もしくは「内祝い」としましょう。水引は蝶結びがマナーです。内祝いは、赤ちゃんの命名のお披露目でもありますので、のしには赤ちゃんの名前を入れます。フリガナを振っておくと、よりよいお披露目になりますよ。


内祝いは、結婚に次いで家が絡む大切なものです。親しい友人や同僚であれば自分たちで手配しても構いませんが、親戚へ贈る内祝いは必ずご両親のアドバイスをもらうようにしましょう。友人や同僚への内祝いも、感謝の気持ちを忘れずに。親しき仲にも礼儀あり、の言葉を忘れないようにしましょうね。



あわせてよく見る

関連記事一覧