ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

内祝いの相場と内祝いの贈り方

作成者:ハロママ助産師さん
出産祝いをいただいたお返しとして、内祝いを贈ろうと考えている方も多いでしょう。しかし、いくらの内祝いを贈ったらいいのか、今後のお付き合いもありますから悩みますよね。また、内祝いを贈る際、こういうときはどうしたらいいの?と迷うこともあるでしょう。この記事では、内祝いの相場額と内祝いの贈り方についてお伝えします。

内祝いの相場
内祝いの相場は、いただいた出産祝いの半額が相場です。出産祝いの相場から見た、おおよその内祝いの相場額は

両親:15,000円~50,000円
兄弟・姉妹 5,000円~10,000円
いとこ 2,500円
同僚 2,500円
友人 2,500円

となります。これはあくまでも、出産祝いの相場から出した内祝いの相場額ですので、実際、もっと多くの出産祝いをいただいた場合の内祝いの額は、上記の通りではありません。出産祝いを、誰に・いくらいただいたのか、きちんと管理しておきましょう。

内祝いは、相場より少ない額は失礼になるのはもちろんですが、相場より多すぎる内祝いも、相手に気をつかわせてしまって失礼になるもの。内祝いは相場で贈りましょう。

親への内祝いは必要?
両親への内祝いは、基本的には頂いた額の半額が相場となります。ご両親からは多額の出産祝いをいただくケースも多いですよね。多額の出産祝いをいただいた場合には、3分の1額の内祝いでも構いません。多額、の基準は人それぞれになりますが、一般的に10万を超える額、10万前後の額をいただいた場合と考えてよいでしょう。

両親への内祝いが必要か・そうでないのかは、実は共通するマナーはないのが実際のところです。家や地域差が大きいものです。

両親にとっては孫の誕生となります。純粋に孫の誕生がうれしくて、孫のために使ってほしいという気持ちで出産祝いを贈るご両親も多いものです。内祝いは不要と言われた際には素直に甘えても構いません。

もし気になるようであれば、赤ちゃんの成長が分かるようなフォトブックや赤ちゃんの写真入りのカレンダーなどを作成して贈るのも喜ばれるでしょう。

おじいちゃん、おばあちゃんは孫がかわいくて仕方がないものです。高価な内祝いを贈るより、まめに写真を贈るなど、赤ちゃんの成長を事細かに伝えてもらえるほうが嬉しいようですよ。

内祝いは不要との言葉がなかった場合には、ご両親にもきちんと内祝いを贈りましょう。

連名で出産祝いをいただいた場合
連名で出産祝いをいただいた場合には、ひとりひとりに内祝いをお返しすることがマナーです。ただし、職場の同僚から「職場一同」として出産祝いをいただいた際には、みんなで食べられるようなお菓子の詰め合わせを贈っても構いません。

出産祝いをいただいていない相手にも内祝いを贈るべき?
出産祝いをいただいていないご両親の縁故関係の方へ、内祝いを贈りなさい、と言われることもあるかもしれませんね。

内祝いは本来、「身内で喜ばしいことがありました」という報告なのです。出産内祝いであれば、赤ちゃんが生まれましたよ、というお披露目でもあります。内祝いが出産祝いのお返しの意味となったのは、ここ最近のことなのです。

ですから、出産祝いをいただいていない相手にでも、内祝いを贈ることは特別おかしいことではありません。

ご両親の縁故関係の方であれば、私たちがわからない、これまでのお付き合いがあることも考えられます。微妙な気持ちになってしまうかもしれませんが、のちのちのことを考えて内祝いは贈るべきでしょう。

内祝いの額、もしくは品物についてはご両親と相談のうえ決めるようにしましょう。


出産後、あわただしい中で決めなければいけないので大変ですよね。しかし、内祝いを贈ることは、赤ちゃん誕生の報告とお披露目の喜ばしいことでもあります。失礼のないように贈りましょう。もちろん、ママひとりでがんばることはありません。パパの協力やご両親にアドバイスをもらいながら進めてくださいね。



あわせてよく見る

関連記事一覧