ようこそ!ハロママへ

「ハロママ」は、妊娠・出産・子育てに関するママのコミュニティサイトです♪

★閲覧はどなたでも閲覧できます♪
★いいねやコメントをするには、ユーザー登録が必要です♪
2 views

贈って喜ばれる内祝い・おすすめ商品

作成者:ハロママ助産師さん
内祝いは、いただいた出産祝いの半額返しが相場です。相場の中で、気の利いた内祝いを贈りたいと考えるものですよね。赤ちゃんが生まれた、という喜ばしいできごとの報告でもありますから、贈って喜ばれるものにしたいですよね。この記事では、内祝いにおすすめの商品をご紹介します。

内祝いを選ぶポイント
内祝いを選ぶ際には、いただいた出産祝いの半額という相場を守ったうえで、自分たちではなかなか購入しないようなもの、という視点で選ぶと良いでしょう。ちょっとおしゃれなブランドのものや、いつも使う日用品であっても、ちょっと高価なものをセレクトすると喜ばれますよ。

また、品物には人それぞれ好みがあります。親しい友人でしたら、相場額の中で、その人の好きなものを贈っても良いですが、出産後のあわただしい時期は、それも難しいもの。残るものよりも消えるもの、食べ物や消耗品を贈ると、好みに左右されることがなくスマートです。

両親・おじ、おばへの内祝いには旅行やアクティビティがおすすめ
ご両親やおじさん、おばさんの世代となると、ありとあらゆるものをすでに持っていることが考えられます。また、これ以上持ち物を増やしたくない、と考える世代でもあります。

ご両親やおじさん・おばさんへの内祝いは、旅行やアクティビティ(体験)がおすすめです。最近では、食べ物や物だけではなく、温泉旅行やアクティビティが選べるカタログギフトもありますので、おすすめですよ。

食品ならどんなものが喜ばれる?
食品を贈るなら、自分たちではあまり買わないようなちょっとだけ高級なものがおすすめです。たとえば、フルーツ専門店の果汁100%ジュースや贅沢作りのゼリー、またはメディアで評判のパティスリーや誰もが知る高級ブランドのお菓子の詰め合わせも良いですね。

食品を贈る際には、生ものは避けて、日持ちをするものを贈るとスマートです。

ちょっと高価な日用品もおすすめ
ハンドクリームやバスセット、キッチン洗剤など、ほんの少し高価な日用品もおすすめです。日常で良く使う日用品でしたら、贈られたほうも困ることはないでしょう。

オーガニックブランドのハンドクリームやキッチン洗剤もおすすめです。または、高級コスメブランドのハンドクリームも、なかなか自分では買わないものなので、友人や同僚には喜ばれますよ。

バスタオルも良いでしょう。バスタオルは毎日使うものですし、くたびれてきたら定期的に交換するものです。オーガニックコットンや無撚糸など、ちょっとだけ贅沢なふわふわバスタオルも喜ばれることでしょう。

迷ってしまったらカタログギフトがおすすめ
贈られた側が好きなものを選べるカタログギフトもおすすめです。最近では結婚式の引き出物の定番でもありますので、おなじみですよね。以前は、特に50代、60代の方には「味気ない」と不評でしたが、最近ではすっかり定着してきて、そのような不満を持つ人も少なくなってきていますので、内祝いとして贈っても、特に失礼になることはありませんよ。

遠方に住んでいる場合は、その地域の名産品や特産品もおすすめ
仕事の都合により実家から遠く離れた場所、海外に住んでいる場合も珍しくありません。もし、お仕事の都合などで実家から離れた遠方に住んでいる場合には、住んでいる土地の名産品を贈ることも。物珍しさで大変喜ばれます。


内祝いで大切なことは、まずは相場額を守ることです。あとは贈る側の気持ちでもあるので、あれこれ悩む必要はありません。物よりも「消える」食品や消耗品、自分ではなかなか買わないもの、食品の場合には、生ものではなく、日持ちするものを選ぶ、という視点を大切にして選べば、十分に喜んでもらえる内祝いとなるでしょう。



あわせてよく見る

関連記事一覧